NEWS

CONTACT

img
お知らせ

FUND
2021.08.31

太陽光発電向けAI/IoTシステムを提供するヒラソル・エナジー株式会社へ出資

三井不動産株式会社は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」を通じて、太陽光発電設備をパネル単位で保守管理するAI/IoTプラットフォーム「PPLC-PV」の提供を行う東京大学発スタートアップであるヒラソル・エナジー株式会社への出資を行いました。

太陽光発電は日本を代表する再生可能エネルギーであり、導入量は2020年6月末で5,700万kW※1と中国、ドイツと共に世界をリードしております。一方で、FIT制度※2の導入から9年が経過し、当初からの稼働案件はソーラーパネルや付属機器の経年劣化が進行しており、メンテナンスや発電量回復の需要は大きく高まっております。
ヒラソル・エナジーは、①低コストでソーラーパネル単位の電流・電圧データを取得できるIoT技術、②ソーラーパネル毎の発電特性をシミュレーションし、故障診断を行えるAI技術、③発電所における最適な修繕と運用を提案するAI技術の3つのコアとなる独自技術を有したスタートアップです。独自技術によるデータ取得から再生提案まで一気通貫したソリューションを提供することで、ソーラーパネルの性能の適切な評価と管理、修繕を行うことができます。

三井不動産は、毎年柏の葉で開催しているアジア・アントレプレナーシップ・アワード(AEA)でヒラソル・エナジーが2018年に3位入賞、柏の葉賞を受賞したことをきっかけに、2019年からは、柏の葉ゲートスクエア・ららぽーと柏の葉における試験運用を実施し、同社のソリューションの実装をサポートしています。

脱炭素社会へと進む潮流が日々加速する中で、「環境共生」の街づくりを進める柏の葉スマートシティをはじめ、商業施設やオフィス、物流施設、メガソーラーなど国内外に多くのファシリティを保有する三井不動産にとっても脱炭素は重要なテーマであり、ヒラソル・エナジ―との連携には大きな可能性を感じています。

今回の出資を契機に、今後益々需要増加が見込まれる太陽光事業の中で、ソーラーパネルのバリューアップの更なる展開及び市場創出に向けた支援を行ってまいります。

・三井不動産とヒラソル・エナジー社との連携に関して
AEAをきっかけに柏の葉で試験運用、さらには投資へ 三井不動産のフィールドを活用し、成長を支援

■ヒラソル・エナジーについて
会社名  ヒラソル・エナジー株式会社
所在地  東京都文京区本郷七丁目3番地1号
代表者  李 旻
設立日  2017年2月
事業内容 太陽光発電用IoTシステムの設計・製造・販売 太陽光発電の性能調査・保守業務
URL   https://www.pplc.co/

※1 出所:経済産業省資源エネルギー庁「エネルギー白書2020」
※2 FIT(固定価格買取制度):住宅用の太陽光発電などの再生可能エネルギーで作られた電力を、国が定めた価格で電力会社などが一定期間買い取る制度

三井不動産のグリーン電力化を推進する背景・想い
2015年に発効したパリ協定で「脱炭素社会」に向けた目標が掲げられ、政府の成長戦略として2050年までに温室効果ガスの排出量実質ゼロを目標とすることが表明される等、再エネの開発と活用は官民一体となって解決すべき共通の社会課題と認識しています。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により働き方の多様化が加速する中、当社は社会的使命や企業の経営課題に寄り沿ったソリューションやサービスを提供し、顧客ニーズに応えることで課題解決を図りたいと考えています。今回のグリーン電力化と並行して、各施設での一層の「省エネ」や、施設内外での再生可能エネルギーの「創エネ」を推進し、首都圏に限らず全国レベルで、テナント企業や共同事業者と共に脱炭素経営に取り組み、持続可能な社会の実現、SDGsへの貢献を目指してまいります。