FUND

CONTACT

img
出資

ACCELERATING THE GROWTH OF STARTUPS
FOR CO-CREATION

共創創出のために成長を加速
複数ファンドで継続的な支援を実現
複数ファンドで継続的な
支援を実現

スタートアップの成長段階に合わせた継続的な支援を実施するために、アーリー期以降の
スタートアップを対象としたCVCファンド、主にレイター期を対象としたグロースI事業を、
独立系VCのグローバル・ブレイン社と共同運営しています。

imgimg
img
img
img
img
img

50

img
img

85

img
img

300

img
img
img

435

img

As the startup grows
Ongoing support system

img
img
img
img
img
img
ファンド名称
31VENTURES Global Innovation Fund
1号
運営者
グローバル・ブレイン株式会社
投資規模
50億円
対象ステージ
シード期からミドル期
ファンド名称
31VENTURES Global Innovation Fund
2号
運営者
グローバル・ブレイン株式会社
投資規模
85億円
対象ステージ
アーリー期からミドル期
投資方針
Real Estate as a Service、DX、スマートシティの強化に加え、
既存の事業領域と異なるビジネス創出
主な領域
  • 不動産テック

  • IoT

  • サイバーセキュリティ

  • シェアリング
    エコノミー

  • Eコマース

  • フィンテック

  • 環境・エネルギー

  • ロボティクス

  • AI・ビッグデータ

  • ヘルスケア

  • モビリティ

  • 宇宙

  • 食品

  • 農業

  • エンターテインメント

imgimg
img
img
img
事業名
31VENTURES-グローバル・ブレイン-
グロースI事業
運営者
三井不動産株式会社及び
グローバル・ブレイン株式会社
投資規模
300億円
運用期間
10年間
対象ステージ
グロースステージのスタートアップ企業等
投資方針
収益モデルが確立したスタートアップに対する
数十億円単位の投資を行い、事業拡大を積極的にサポート
主な領域
  • 不動産テック

  • IoT

  • サイバーセキュリティ

  • シェアリング
    エコノミー

  • Eコマース

  • フィンテック

  • 環境・エネルギー

  • ロボティクス

  • AI・ビッグデータ

  • ヘルスケア

img
img
img

グローバル規模でのスタートアップの発掘

31VENTURESでは、世界各地のスタートアップと連携するために、国内外のベンチャーキャピタルファンドへの出資を実施しています。

img
  • Q.

    出資および協業の相談はどうすればよいでしょうか?

    A.

    CONTACTよりお問い合わせください。
    出資の問い合わせについてはピッチ資料を、協業の問い合わせについては具体的な協業案を記した提案書を添付ください。
    添付書類を確認の上、投資・協業の可能性に鑑み、該当した場合のみ2週間以内に返信をさせていただきます。予めご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。
    なお、出資および協業の対象は、基本的にはアーリー期以降を想定しております。ご了承ください。

    ※アーリー期の一般的定義:プロダクトがあり、既に顧客を獲得している状態

  • Q.

    個人事業主への出資は
    ありえますか?

    A.

    出資対象は法人としております。ご了承ください。

  • Q.

    出資対象は、三井不動産グループとの協業が前提となりますか?

    A.

    出資時において、現在/将来の時期を問わず一定の共創仮説があることが前提と考えております。

  • Q.

    プロダクトがないタイミングでも出資してもらえますか?

    A.

    出資および協業の対象は、基本的にはアーリー期以降を想定しております。ご了承ください。

    ※アーリー期の一般的定義:プロダクトがあり、既に顧客を獲得している状態

  • Q.

    不動産関連以外にも出資はしますか?

    A.

    既存事業と直接的な関係性がなくても、三井不動産グループの新規事業開発などに期待ができる場合は出資を決定します。詳しくは各ファンド概要の主な領域を参照ください。