持続可能なスマート農業事業による農業振興と雇用創出を目指し、 「三井不動産ワールドファーム株式会社」を設立

三井不動産株式会社と有限会社ワールドファームは、持続可能なスマート農業事業を通じた農地の生産性向上と、農業を基点に都心と近郊地域の人々を繋ぐ新たな「都市づくり」を目指し「三井不動産ワールドファーム株式会社」を設立し、8月1日より東京都心近郊地域での農業事業に本格的に参入することをお知らせいたします。

リリース本文はこちら

 

◇設立背景
日本の農業は、収益性向上に要する課題が多く、農業従事者が年々減少しております。また、農業従事者の高齢化や、耕作放棄地の拡大も進行しており、農地を多く抱える自治体は社会的費用が増加しているだけでなく、地元での雇用創出ができず、結果的に都心部への若者の流出が進んでいます。

このような地域が抱える課題解決に向け「儲かる農業」を実践するワールドファームと、都心を中心に「街づくり」を展開してきた三井不動産によりMFWFが設立されました。MFWFは、都心近郊地域において持続可能なスマート農業を展開することにより、農業の担い手を増やし、日本の農業振興/安全・安心の国産野菜の安定供給に貢献します。

また、多様な形で農業に参画できる就労環境を提供し、「農業」を通して都心と近郊地域の人々が交流し、知恵を出し合うことで、農業の更なる生産性向上、更には農業を基点に都心と近郊地域を繋ぐ新たな産業が創造されていく「都市」を形成して行きます。

 

 

◇MFWFが展開する「持続可能なスマート農業事業」5つの特徴
1)生産・加工一体型の農業事業
2)集団農法による組織的・計画的な農業運営
3)加工・業務用野菜に生産を限定
4)テクノロジーを活用した高い生産性の確保
5)都心と近郊地域の人々によるイノベーション共創拠点の設置

 

リリース本文はこちら

AEA2019 優勝は新しい血液ベースの敗血症検査の手法を提供するAcumen Research Labs

アジア圏の14の国と地域から選出された注目のテクノロジーベンチャー企業27社が参加した「アジア・アントレプレナーシップ・アワード(以下:AEA)2019」が、柏の葉エリア(千葉県柏市)にて2019年10月30日(水)~11月1日(金)に開催されました。 本アワードは、事業の革新性/経済的・社会的影響力、事業の実行力、日本企業との連携の可能性(※海外企業の場合)などから審査され、今年は、敗血症を特定するmRNAバイオマーカーを使った新しい血液ベースの敗血症宿主反応試験であるAcuSeptTMを開発した、シンガポールのAcumen Research Labsが優勝しました。

 

■今年の受賞企業一覧

優勝:Acumen Research Labs (シンガポール)/ 代表者 : ONG SIEW HWA
新しい血液ベースの敗血症検査の手法を確立

 

準優勝:BioCheetah Pte Ltd(シンガポール)/ 代表者 : LEE KIAN CHUNG
独自のバイオマーカーおよび抗体検出に基づき、膀胱癌診断アプリケーションを開発

 

第3位 : Cavli Wireless(インド)/ 代表者 : JOHN MATHEW
Cavli Hubble と呼ばれるプラットフォーム上に接続性、アプリ処理、データ管理が集約されたIoTモジュールを設計・製造

 

マイクロソフト賞 : System Stone Company Limited(タイ)/ 代表者:SITTIKORN NUALROD
Industry4.0のトレンドに沿った機械の維持管理ソフトをモバイルのアプリで開発

 

ライフサイエンス賞 : BioCheetah Pte Ltd(シンガポール)/代表者:LEE KIAN CHUNG
独自のバイオマーカーおよび抗体検出に基づき、膀胱癌診断アプリケーションを開発

 

日本ベンチャー学会賞 : Acumen Research Labs(シンガポール)/代表者:ONG SIEW HWA
新しい血液ベースの敗血症検査の手法を確立

 

IP Bridge賞 : Cavli Wireless(インド)/ 代表者:JOHN MATHEW
Cavli Hubble と呼ばれるプラットフォーム上に接続性、アプリ処理、データ管理が集約されたIoTモジュールを設計・製造

 

オーディエンス賞 : System Stone Company Limited(タイ)/代表者:SITTIKORN NUALROD
Industry4.0のトレンドに沿った機械の維持管理ソフトをモバイルのアプリで開発

 

 

プレスリリースはこちら

AEA2019:https://aea.events/j/

「“E.A.S.T.” 構想」の新プロジェクト – 起業家育成コミュニティ「Swing-By」を立ち上げ

三井不動産株式会社と、プロトスター株式会社は、「“E.A.S.T.”(イースト)構想」の新たなプロジェクトとして、企業に所属している社会人を対象とした起業家育成コミュニティ「Swing-By(スイングバイ)」を立ち上げます。

リリースはこちら

http://www.31ventures.jp/wp-content/uploads/cdbcd67ff9ceebafa7139debcca5e85b.pdf

 

Swing-By」は、起業家としてチャレンジする知識・考え方を身に付けることができるコミュニティプログラムです。事業アイデアを考え、仲間を集め、サイドプロジェクトからチャレンジし、軌道に乗った際は起業もしくは事業化するまでの支援を行う1年間のプログラム「Moonshot Program」と、すでに持っている能力を活かし起業家の仲間となるCxOを育成する「AWAKE Program」の2つのプログラムで構成しています。

 

また「起業後のリスク」を考え起業を思いとどまることなく、チャレンジしていける環境を整えていくため、起業家が開発したサービス、プロダクトを積極採用する企業が起業経験者との協業を前向きに検討するなどのChallenger First“の文化を醸成していきます。

 

「“E.A.S.T.”(イースト)構想」とは

日本橋を中心とする東京の東側エリアを中心に、ベンチャー企業の支援および、大企業を交えたオープンイノベーションを促進させるエコシステム。

「ビル管理システム向けのサイバーセキュリティ監視システム」の導入・検証を開始

三井不動産株式会社は、ビルの中央監視等のビル管理システム向けのサイバーセキュリティ監視システムを首都圏所在の複合施設1棟に試験導入し、サイバー攻撃に対する対策・運用手法策定のための検証作業を実施します。

 

この検証作業を通して三井不動産グループの長期経営方針「VISION 2025」に掲げる、「街づくりを通した持続可能な社会の構築」に加えて、「テクノロジーの活用による不動産業のイノベーション」を強力に進め、安心・安全なスマートシティの実現を目指してまいります。

 

詳しいリリースはこちら

超小型衛星ビジネスを展開するアクセルスペースへ投資

三井不動産株式会社とグローバル・ブレイン株式会社は、共同で運営するグロースステージのベンチャー企業を投資対象とした総額300億円のベンチャー投資事業「グロース I 事業」より、リードインベスターとして、超小型衛星を活用した宇宙ビジネスを展開する株式会社アクセルスペースへ出資を行いましたのでお知らせします。
 
アクセルスペースは2008年の設立以来、超小型衛星を活用した宇宙ビジネスを展開しており、これまでに株式会社ウェザーニューズと共同開発した北極海観測衛星を含む3機の実用衛星の開発および打ち上げ・運用を行った実績があります。2015年にはベンチャーキャピタル等から約19億円の資金調達を実施し、毎日全地球観測インフラ「AxelGlobe(アクセルグローブ)」の構築構想を発表しました。「AxelGlobe」とは、100kg級の地球観測用超小型衛星「GRUS(グルース)」を数十機打ち上げることによって、人間が経済活動を行っている地域のほぼ全てを毎日撮影、画像データを蓄積し、過去から現在にわたるデータを分析、未来予測に繋げていくプロジェクトのことであり、2022年までの完成を目指しています。
 
リリースはこちら

AEA2018 受賞企業決定 優勝はIoTを活用したスマートカートの企画・開発を提供するIMAGR LTD

今年で第7回目を迎える「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2018(以下:AEA2018)」は、柏の葉キャンパス(千葉県柏市)にて、2018年10月31日(水)~11月2日(金)の3日間にわたり開催されました。

 

アジアを中心に13の国・地域から選出された、AI/IoTまたはメディカル/ヘルスケアの技術系ベンチャー20社が、事業の革新性、経済的・社会的影響力、事業の実行力、日本の大企業との連携の可能性から審査され、今年は、スマートカートの企画・開発を行う、ニュージーランドのIMAGR LTDが、事業のスケーラビリティと大企業による関心が高く、優勝しました。

 

■今年の受賞企業一覧
優勝:IMAGR LTD(ニュージーランド)/代表者:WILLIAM CHOMLEY
スマートカートの企画・開発

 

準優勝: Brain Beat, Ltd.(ロシア)/代表者:EDVARD KRYZHANOVSKII
糖尿病患者向けの非侵襲的な血糖値セルフモニタリング機器を開発

 

第3位:ヒラソル・エナジー株式会社(日本)/代表者:李 旻
太陽光発電所向けのIoTプラットフォームを提供

 

柏の葉賞:ヒラソル・エナジー株式会社(日本)/代表者:李 旻
太陽光発電所向けのIoTプラットフォームを提供

 

日本ベンチャー学会賞:Value and Trust Co., Ltd.(韓国)/代表者:PAUL ROE
脊椎を正しい形状に維持するソリューションを開発

 

IP Bridge賞:PLIMES株式会社(日本)/代表者:鈴木 健嗣
人工知能が嚥下を測るウェアラブルデバイス「GOKURI」を提供

 

オーディエンス賞:IMAGR LTD(ニュージーランド)/代表者:WILLIAM CHOMLEY
スマートカートの企画・開発

プレスリリースはこちら

AEA2018:https://aea.events/j/

プロトスターによる「“E.A.S.T.”構想」と31VENTURES が連携

三井不動産株式会社は、国内最大級のベンチャーコミュニティ「StarBurst」を運営するプロトスター株式会社による「“E.A.S.T.”(イースト)構想」と連携いたします。
 
このたびプロトスターが始める「“E.A.S.T.”(イースト)構想」は、東京の東側に集積する様々な産業を革新することに挑戦するベンチャー企業の日本橋への集積を促進し、支援していくことで、ベンチャ ー企業の爆発的成功と大企業のオープンイノベーションを同時に叶えていくプロジェクトです。
 
三井不動産のベンチャー共創事業「31VENTURES(サンイチベンチャーズ)」では、プロトスターによるこの構想に可能性を感じ、連携することといたしました。
 
Clipニホンバシをプロトスター社がすでに持つベンチャーコミュニティの拠点とし、さらに三井不動産とプロトスター両社のネットワークやノウハウを活かした新たな活動を興すことで、この地をベンチャー企業にとっての世界的な一大拠点とすることを目指します。
 

リリースはこちら

街の環境情報を取得・可視化させ、スマートシティを実現

三井不動産株式会社と、三井共同建設コンサルタント株式会社およびセンスウェイ株式会社は、2018年8月31日より柏の葉キャンパスにて、IoTセンサーを設置し、街の環境情報の取得・可視化を通じて、より住みやすいまちづくりの為のIoTデータ活用を始めます。
 
今回、柏の葉キャンパスコミュニティ広場内のCOOL TREEおよび、柏の葉イノベーションキャンパス内のアクアテラスにIoTセンサーを新たに設置しました。
 
設置されるIoTセンサーは、温度、湿度をセンサリングし、LoRAWANネットワークを活用して環境情報を発信します。環境情報はクラウド上にあるデータプラットフォームに蓄積され、ウェブブラウザ上での可視化と管理を実現します。
 
今後、環境情報のより一層の可視化および、取得したビッグデータを街づくりの為の分析に活かしてまいります。
 
リリースはこちら

三井不動産とセンスウェイ、全国規模のIoT環境構築へ向けて事業提携

三井不動産株式会社とセンスウェイ株式会社は、全国規模のIoT環境構築へ向け2018年6月15日に事業提携契約を締結しました。

 

また、三井不動産はIoT活用を検討するワーキンググループを部門横断で結成し、センスウェイとともにユースケースの発掘および実証実験を通じたサービス化の検証に取り組みます。

それに先駆け、三井不動産とセンスウェイは、日本橋エリアのビルを対象に検針作業の自動化・遠隔管理に関する実証実験を2018年9月1日より実施いたします。

 

 

リリースはこちら

6/21「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立発表会、および第1回勉強会開催

柏市、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)、ドローンワークス株式会社、三井不動産株式会社は、「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」を設立いたします。

リリースはこちら

 

「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」は、IoTの普及を目指す「IoTビジネス共創ラボ」の地域グループです。「柏の葉キャンパス」をはじめ、つくばエクスプレス沿線エリア一体に構築されたIoT実証フィールド環境を活用して、柏市を中心とした近隣地域へのIoTの普及や活用、IoT関連ビジネスの機会創出を目的に、企業、地方自治体、教育機関など様々な参画企業・団体とともに活動してまいります。

 

なお、6月21日(木)には、「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」の設立発表会および第1回勉強会を、千葉県柏市「柏の葉キャンパス」にあるインキュベーションオフィス「31VENTURES KOIL」で開催いたします。

 

「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立発表会および第1回勉強会の開催概要

日時: 2018年6月21日(木) 14:00~18:30

場所: 31VENTURES KOIL(千葉県柏市)

イベント参加のお申込み URL: https://connpass.com/event/89754/