AEA2019の出場企業が決定しました

2019年10月30日(水)~11月1日(金)に開催する「アジア・アントレプレナーシップ・アワード(以下:AEA)2019」の出場企業およびプログラムが公開となりました。
プレスリリースはこちら

http://www.31ventures.jp/wp-content/uploads/315b95417aea8d2084464597baa06615.pdf

 

第8回大会となる今回は、アジア圏の14の国と地域から選出された注目のテクノロジーベンチャー企業27社がエントリーしました。日本からは、株式会社アルガルバイオ、エクセルギー・パワー・システムズ株式会社、株式会社メトセラなどの5社が出場いたします。
本アワードは、日本企業との連携の可能性(※海外企業の場合)、事業の革新性/経済的・社会的影響力、事業の実行力などから審査され、入賞企業は賞金のほか、三井不動産が運営するコワーキングスペースの利用権や日本への事業進出のサポートなどが受けられます。
また、今年度は、柏の葉キャンパスエリアにおけるイノベーションに対する熱量を柏の葉エリアの各所で体感していただける「Kashiwa-no-ha Innovation Fes.」を10月26日(土)~11月4日(月・祝)の10日間開催いたします。

 

AEA2019は、10月31日(木)(ネットワーキングディナーを除く)、11月1日(金)に一般参加も可能です。
公式ウェブサイト、またはチケット販売サイトPeatix(https://aea2019.peatix.com/)よりお申し込みください。

 

開催概要
・日時:2019年10月31日(水)~11月1日(金)の3日間
・会場:柏の葉オープンイノベーションラボ[KOIL]、柏の葉カンファレンスセンター[KCC] (千葉県・柏市)
・主催:アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
・共催:三井不動産株式会社、国立大学法人東京大学産学協創推進本部、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ、日本ベンチャー学会
・公用語:英語(一部プログラムは日本語または日英同時通訳にて進行)