AEA2019 優勝は新しい血液ベースの敗血症検査の手法を提供するAcumen Research Labs

アジア圏の14の国と地域から選出された注目のテクノロジーベンチャー企業27社が参加した「アジア・アントレプレナーシップ・アワード(以下:AEA)2019」が、柏の葉エリア(千葉県柏市)にて2019年10月30日(水)~11月1日(金)に開催されました。 本アワードは、事業の革新性/経済的・社会的影響力、事業の実行力、日本企業との連携の可能性(※海外企業の場合)などから審査され、今年は、敗血症を特定するmRNAバイオマーカーを使った新しい血液ベースの敗血症宿主反応試験であるAcuSeptTMを開発した、シンガポールのAcumen Research Labsが優勝しました。

 

■今年の受賞企業一覧

優勝:Acumen Research Labs (シンガポール)/ 代表者 : ONG SIEW HWA
新しい血液ベースの敗血症検査の手法を確立

 

準優勝:BioCheetah Pte Ltd(シンガポール)/ 代表者 : LEE KIAN CHUNG
独自のバイオマーカーおよび抗体検出に基づき、膀胱癌診断アプリケーションを開発

 

第3位 : Cavli Wireless(インド)/ 代表者 : JOHN MATHEW
Cavli Hubble と呼ばれるプラットフォーム上に接続性、アプリ処理、データ管理が集約されたIoTモジュールを設計・製造

 

マイクロソフト賞 : System Stone Company Limited(タイ)/ 代表者:SITTIKORN NUALROD
Industry4.0のトレンドに沿った機械の維持管理ソフトをモバイルのアプリで開発

 

ライフサイエンス賞 : BioCheetah Pte Ltd(シンガポール)/代表者:LEE KIAN CHUNG
独自のバイオマーカーおよび抗体検出に基づき、膀胱癌診断アプリケーションを開発

 

日本ベンチャー学会賞 : Acumen Research Labs(シンガポール)/代表者:ONG SIEW HWA
新しい血液ベースの敗血症検査の手法を確立

 

IP Bridge賞 : Cavli Wireless(インド)/ 代表者:JOHN MATHEW
Cavli Hubble と呼ばれるプラットフォーム上に接続性、アプリ処理、データ管理が集約されたIoTモジュールを設計・製造

 

オーディエンス賞 : System Stone Company Limited(タイ)/代表者:SITTIKORN NUALROD
Industry4.0のトレンドに沿った機械の維持管理ソフトをモバイルのアプリで開発

 

 

プレスリリースはこちら

AEA2019:https://aea.events/j/