「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」を85億円で設立

三井不動産株式会社は、本業強化・事業領域拡大を目的とする総額85億円のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 2号(以下、CVC2号)」を独立系ベンチャーキャピタル最大手のグローバル・ブレイン株式会社と共同で設立いたしました。

 

ポイント
・CVC1号の後継として、85億円規模のCVC2号を設立しました。
・Real Estate as a Service、DX、スマートシティの強化に加え、既存の事業領域と異なるビジネス創出を目指します。
・CVC1号・2号とグロース事業の合計は435億円規模となり、事業会社のスタートアップ投資事業としては国内最大級の規模となります。

 

プレスリリースはこちらからご覧ください。