2020.08.04

後付け型スマートロックを用いた「Akerun入退室管理システム」を提供する株式会社フォトシンスへ出資

三井不動産株式会社は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」を通じて、後付け型スマートロックを用いた「Akerun入退室管理システム」をはじめとするAkerunブランドのIoTサービスを提供する株式会社フォトシンス(本社:東京都港区 / 以下、フォトシンス)への出資を実行したことをお知らせいたします。

 

フォトシンスは、法人顧客に対して後付型スマートロックを用いた「Akerun入退室管理システム」をはじめとしたIoTサービスを提供しております。Akerunを使うことで企業様は交通系ICカードやスマートフォンで扉の開け締めが可能となり、従来煩雑だった鍵の管理業務から開放されます。またクラウド勤怠管理システムとAPI連携をすることにより、鍵の開閉履歴をベースに自動で出社・退社時刻を記録することができ、近年厳しくなった労務基準への対応策としてニーズが高まっております。

 

三井不動産は、2015年にコワーキングスペース「31VENTURES Clipニホンバシ」でAkerunの実証実験を実施して以降、法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリングFLEX」へのAkerunの導入や、日本橋室町三井タワー内の当社新オフィスでの『Akerun来訪管理システム』の実証実験を開始するなど、フォトシンスとは長期的に連携をしてまいりました。

 

これまでの連携から、フォトシンスの高い技術力及び、ハードウェア製品を含むサービスの完成度を大いに評価し、投資を決定いたしました。鍵のいらないキーレス社会を実現し、協業を通して新たなオフィス価値を提供していけると期待しております。本出資を通してアライアンス候補先との連係強化、新規プロダクト開発支援など、様々な面でフォトシンスの成長を支援してまいります。

 

■株式会社フォトシンスについて

会社名:株式会社フォトシンス

所在地:東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町15階

代表者:河瀬航大

設立日:2014年9月

事業内容:(1)IoT関連機器の研究開発

(2)「Akerun入退室管理システム」の開発・提供

URL:https://photosynth.co.jp/