EVENT REPORT 2016.10.18. UPDATE

[開催レポート]第7回ビジネスミーティング

2015年06月04日

場 所 KOIL

7回目となったビジネスミーティングのレポートです
2015年6月4日、7回目となるKOILビジネスミーティングが行われました。7名のみなさんとKOILパークの一角で始めたこの会も、少しづつ参加者が増え、前回からは20名を超えるように。今回からKOILサロンでの開催になりました。
毎回、会の最初に自己紹介を行っていただくのですが、20名を超えると、これがもはや1つのコンテンツに。みなさんの短いお話を伺うだけで、その多様性とお一人お一人の魅力にワクワクします!
今回の街ゲストは、柏の葉の街づくり拠点「UDCK(柏の葉アーバンデザインセンター)」の三牧浩也副センター長。三牧様からは、街づくりとは何か、その中でUDCKが何を行っているのか、柏の葉の街づくりの特長とビジネスとの接点などについてお話いただきました。「風の人(街の外から街づくりに関わる人)」と「土の人(街の中から街づくりを行う人)」というお話や、これからの街づくりに向けたメッセージとしての「未来は明るいだけではない。楽観できるものではない。だからこそしっかり考えて、そして諦めないことが大事。『柏の葉なら出来る』ことを探して、それをやりたい」というお話は、ここ柏の葉をビジネス拠点に選んだ皆さんの共感を得ているように思いました。
会員プレゼン、1組目は株式会社アールワン・プロフェッショナルの渡辺様です。渡辺様は実に4回目のプレゼンなのですが、KOIL入会以来ご自身も思いもしなかった新しい事業がどんどん立ち上がっており、今回もまた新たな事業やプロジェクトについての発表でした。 もともと食器販売と飲食店コンサルをビジネスとしてきた渡辺さんがKOILをビジネス拠点に選んだのは、社会課題の解決をビジネスにしたいという想いの実現のため。1年後をメドにそのための別法人を立ち上げる、という構想発表のあと、今回プレゼンされたのは「高校生がやりたいお店を、KOILに拠点を置く起業家が応援しながら、柏の葉のマルシェ(マルシェコロール)で具現化していく」 というワークショッププログラム。すでに柏市の後援も取り付け、地元の高校の参加内諾も得たそうです。KOIL会員の筒井様も共創されるとのことで、筒井様からも想いを語られました。
次は、ゼロワットパワー株式会社の角井様。ゼロワットパワー様は、再生エネルギーの発展により地球環境の気候変動を抑制することを目的とされています。角井様からは、同社のバリューチェーンについての包括的なご説明のあと、再生エネルギー関連事業を言わばフルライン、フルカバレッジで展開するという同社の壮大な事業プランについてお話いただきました。また、KOILにおけるプレゼンということで、柏市における廃食用油の活用の事業化プランについて、特に詳細にプレゼンいただきました。KOIL会員で倉庫業・運送業をされている生井様から、自動車の燃料としての活用アイデアや価格面ので戦略等について詳細な質問がなされ、そこからお二人の間で熱いディスカッションが行われる場面も!
最後にプレゼンいただいたのは、インテル株式会社の中村様。KOILビジネスミーティング初めての、大企業によるプレゼンテーションです。中村様は同社のつくばテクノロジー・センター技術本部に所属。筑波大学で非常勤講師もされています。中村様からは、インテルがイノベーションを起こすパートナーとして日本企業に大きな期待を寄せている、というお話をいただいたあと、つくばにある「インテル コラボレーション・センター」でのお話を軸に、『野生の研究者』の魅力的な研究内容についてご紹介をいただきました。『野生の研究者』とは、組織に属していない研究者のこと。組織に属していないことを積極的に活かしている方々の実にユニークな研究や商品・サービスのお話は、心躍る素晴らしいものでした。普段直接はテック系との接点が無い事業をされているKOIL会員の皆さまも、自分の事業との距離が意外に近いことを感じていらっしゃるようでした。
あっという間に2時間の本編が終わり、そのあとは恒例の懇親会@カフェAGORAです。今回もほぼ全員がご参加。プレゼンされたインテルさんを始め、今回は大企業からの参加者がとても多かったのが印象的でした。柏商工会議所からもご参加いただくなど、KOILでの共創が、また新たな局面に入りつつあることを感じました。