EVENT REPORT 2016.10.18. UPDATE

[開催レポート]第5回ビジネスミーティング

2015年02月27日

場 所 KOIL

第5回ビジネスミーティングの様子をお届けします
2015年2月27日、5回目のKOILビジネスミーティングが行われました。 今回は今までで最多の18名が参加され、大変な熱気の中行われました。
今回の街ゲストは、千葉大学助教で、一般社団法人かしわ街エコ推進協議会代表理事、一般社団法人柏の葉カレッジリンク・ネットワーク代表理事・会長などを兼任される、野田勝二先生。
野田先生からは、ここ柏の葉を舞台に様々に活動されている大学発のソーシャルビジネスや各種活動について、「養生訓かるた」「柏の葉スマートシティミュージアムの住民ガイド」「有楽ツバキ」など豊富な事例(ご興味ある方はぜひ検索してみてください!)をご紹介いただきました。この街では学生や研究者と協同してビジネスやさまざまな活動ができるというお話に、みなさん熱心に聞き入っていらっしゃいました。
ご多忙な先生に無理を言ってお越しいただいたのですが、このあと理事会があるとのこと。先生の前には名刺交換の大行列が出来ました。
会員さんのプレゼン、最初はシーズ・クリエイトの角田様です。
角田様はWEBサイトの制作、コンサルティングを主業務とされていますが、昨年11月に「サイバーセキュリティ基本法」が成立するなどの時代の要請に応える形で、サイバーセキュリティのマッチングサイト「サイバーセキュリティドットコム」というサイトを立ち上げ、今後注力していくとのこと。日本では大企業でもハッキング対策がほとんどされていないこと、ハッカーの96%が「入れちゃったから入った」と答えていること、個人情報が漏れた場合その賠償額は1人につき4万円程度となること、など、様々な情報をご提供いただきました。サーバーがハッキングされている様子がリアルタイムで表示されるサイトを見せていただいた際には皆さんから感嘆の声が上がりました(これが見た目に実に美しいんです・・・)
次のプレゼンは、江口天様。
江口様はドイツ、カナダなど世界中を渡り歩いて来られ、先日帰国、KOILに入会されました。カナダでコツコツと研究開発してきた人工知能の技術をビジネス化することに取り組んでいらっしゃいます。IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代における人口知能の現在と未来についての高度で専門的なご説明と、どこまでも熱いメッセージ・未来設計に、聞いている皆さんが「これは・・・すごい・・・」と、ザワつき始める一幕も。江口様のプレゼンのコアは、「人工知能は何にでも使える。みなさんの活動の中からどんどんアイデアを貰って共創したい」ということ。これはまさに、技術とビジネスを繋ぎたいという、KOILのメッセージそのものです。会の「温度」が一気に上がるのを感じました。
そして、盛り上がった一同は、そのままカフェAGORAへ。ビールやワインを片手に、お話の続きです。今回はほとんど全員の方がそのまま参加されたのも印象的でした。中では、今回はプレゼンされなかった参加者同士でも、協業に向けての話し合いが進んでいました!
今回のビジネスミーティングは、千葉大学の学生さんから大企業の会員さんまで、今まで以上に多様なみなさんにお集まりいただき、協業に向けた具体的な提案が飛び交うなど、とても刺激的なものになりました。数日後には実際に野田先生とKOIL会員さんとの間で実務的な打合せが始まるなど、さっそく成果に繋がりつつあるようです。