SUPPORT 支援パートナーのご紹介

三井住友信託銀行

三井住友信託銀行は、お客様の企業価値や資産価値の増大、成長に向けた多様なニーズに対して、銀行・信託・不動産などの各機能を融合させた「信託銀行グループならでは」のトータルソリューションを提供しています。

■当社グループの「証券代行業務」について
実務経験豊富な専門スタッフを数多く抱える当社グループの専門性は高く評価されており、管理株主数および受託上場会社数のシェアは4割を超えています。
タイムリーな株式実務情報の発信、セミナーの定期開催、株式実務についての実務解説書の出版などにより、法務面からもお客さまの株式関連実務を支えているほか、広範なお客さま基盤に基づく豊富な情報と国内外のネットワークを生かして、お客さまの投資家向け広報(IR)や株主向け広報(SR)活動をきめ細かくサポートしています。
IPO(株式上場)を目指すお客さまに対しては、専門スタッフが準備段階から法務面でのコンサルティングを行うなど、証券会社や監査法人とは異なる視点でIPOに向けた実践的なサポートを行っています。
株式事務に関する業務は専門的な知識と正確な事務処理が要求されることから、IPOを検討された初期のステージから各種ご相談を承っております。具体的には、成長ステージに応じた資本政策アドバイス、増資事務、新株予約権発行事務、株主名簿や定款等諸規定の整備、企業規模に応じた機関設計(取締役会設置、監査役会設置、監査等委員会設置会社への移行)のお手伝いなどIPOまでに必要な各種手続きをきめ細かくサポートしています。

主な担当者

IPO営業部営業課担当課長

鈴木喜徳

商法から会社法へ、株券から株券電子化へとIPOを取り巻く実務環境が変遷する中、一貫して株式実務に携わってまいりました。知恵を絞り手間を懸けることをいとわない姿勢でIPO支援に全力で取り組んでいます。