AEA2017の出場企業が公開となりました

2017年10月25日(水)~27日(金)に開催する第6回「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2017(以下:AEA)」の出場企業および、プログラムが公開となりました。
プレスリリースはこちら

 

第6回大会となる今回は、アジアを中心とする15の国と地域から選出された注目の技術系ベンチャー企業21社が本アワードにエントリーしました。日本からは、エルピクセル株式会社、ゲノムクリニック、ストリームテクノロジ株式会社、株式会社バックテックの4社が出場いたします。アワードは事業の革新性、経済的・社会的影響力、事業の実行力などから審査され、入賞企業は賞金のほか、三井不動産が運営するコワーキングスペースの利用権および、日本の事業進出の展開サポートがうけられます。

 

アワードが開催される27日は一般公開もされます。
参加申し込みは公式ウェブサイトかチケット販売サイトPeatix(aea2017.peatix.com)よりお申込みください。
開催概要
・日時:2017年10月25日(水)~27日(金)の3日間 ※27日のみ一般公開
・会場:31VENTURES KOIL(千葉県柏市)、柏の葉カンファレンスセンター[KCC](千葉県柏市)
・主催:アジア・アントレプレナーシップ・アワード運営委員会
・共催:三井不動産株式会社、国立大学法人東京大学産学協創推進本部、
一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ、日本ベンチャー学会
・公用語:英語(一部プログラムは日本語または日英同時通訳にて進行)