2018.08.30

街の環境情報を取得・可視化させ、スマートシティを実現

三井不動産株式会社と、三井共同建設コンサルタント株式会社およびセンスウェイ株式会社は、2018年8月31日より柏の葉キャンパスにて、IoTセンサーを設置し、街の環境情報の取得・可視化を通じて、より住みやすいまちづくりの為のIoTデータ活用を始めます。
 
今回、柏の葉キャンパスコミュニティ広場内のCOOL TREEおよび、柏の葉イノベーションキャンパス内のアクアテラスにIoTセンサーを新たに設置しました。
 
設置されるIoTセンサーは、温度、湿度をセンサリングし、LoRAWANネットワークを活用して環境情報を発信します。環境情報はクラウド上にあるデータプラットフォームに蓄積され、ウェブブラウザ上での可視化と管理を実現します。
 
今後、環境情報のより一層の可視化および、取得したビッグデータを街づくりの為の分析に活かしてまいります。
 
リリースはこちら