FINANCE

資金

31VENTURESでは、ベンチャー企業の成長に不可欠な資金面においても、
ファンドを通じた出資によりベンチャー企業の成長をご支援いたします。
また、ビジネス支援やファンド出資を通じ、幅広いステージのベンチャー企業へ投資を実施いたします。
事業シナジーの高い、主にレイター期のベンチャー企業へは三井不動産からの直接出資も行い、
共に新事業の共創を目指します。
成長ステージに合わせたビジネス支援

31VENTURES Global
Innovation Fund

31 VENTURES Global Innovation Fundは、三井不動産グループのアセット、ネットワークの有効活用、スピード感のある出資を
実現するために三井不動産とグローバル・ブレインにより組成されたコーポレートベンチャーファンドです。
三井不動産の幅広い商圏と多岐にわたる事業領域、およびグローバル・ブレインの豊富な支援実績から、単なる投資にとどまらない
ハンズオン支援でベンチャー企業の皆様を中長期的視点でサポートし、よりスピーディな事業拡大を目指していきます。

出資方針
三井不動産グループのアセットのフル活用による新事業創出を含めた共創の観点で、以下を満たす企業。 ①市場性 ②革新性 ③収益性 ④シナジー ⑤信頼性
対象ステージ
アーリー期を中心としたシード期からミドル期

主な候補領域

  • 不動産
  • IoT
  • セキュリティ
  • 環境およびエネルギー
  • シェアリングエコノミー
  • ECおよびFintech
  • ロボティクス
  • ライフサイエンス

ファンド概要

ファンド名称
31 VENTURES Global
Innovation Fund 1号
運営者
グローバル・ブレイン株式会社
ファンド規模
50億円
運用期間
10年間
対象ステージ
アーリー期を中心として、シード期からミドル期
対象地域
日本を中心として、北米、欧州、イスラエル、アジア諸国のベンチャー企業
産業セクター
バイオおよび創薬以外のセクターが対象

直接投資

三井不動産の事業領域とのシナジーが強く、新産業の共創が見込める成長性の高い、
主にレイター期のベンチャー企業に対しては、事業連携を目的とする直接出資も実施いたします。

外部ファンドへの戦略的出資

専門性が高く成長の見込める事業領域に強い国内外の外部ファンドへ戦略的な出資も行います。